メルシーポットの電動鼻水吸引器【S-503】の最安値の販売先は楽天です。

電動鼻水吸引器メルシーポット新型【S-503】の購入&使い方ガイド

鼻水吸引器の基礎知識

赤ちゃんの鼻水吸引はストロータイプのものが楽

更新日:

電動鼻水吸引器 S-503 メルシーポット

ついに電動鼻水吸引器 メルシーポットS-503を購入しました。

手動のストロータイプの吸引器もいいですが、

子供の鼻水吸い取りなら、電動の方がやりやすいし、めっちゃ取れます。

 
将来はプリンセスの赤ちゃん

1.赤ちゃんの鼻水吸引はスポイトとストロータイプがあります

結論から言えば、スポイトタイプはまったく取れません(*_*)

使い易さも、赤ちゃんが小さい時はトロータイプのものが楽。

ストローみたいな管が2本付いていて、お母さんが片方のストローを口で吸います。

赤ちゃんの鼻につけたもう片方のストローで、

容器に鼻水を吸い取る『ママ鼻水トッテ』が代表的。

赤ちゃん本舗やちょっと大きめのスーパーの赤ちゃんコーナーや、

ドラッグストアでも売ってますよ。

 

2.ストロータイプは風邪をばっちり貰っちゃう

風邪を引いた赤ちゃんのウイルスを、お母さんが吸い込むことになるから、

親が風邪をひくことがあります。

親が鼻を吸うタイミングと、子供からの鼻水が出てくるタイミングが合うと、

どうも吸ってしまうようです。

風邪をばっちり貰っちゃう親は、子供の介護をしながら、

自分の風邪まで面倒みることに(´・ω・`)

 

3.ストロータイプは耳鼻科ほど手際よくできません

鼻が詰まっていると、赤ちゃんは口ではうまく呼吸できないので苦しいです。

ミルクやおっぱいもうまく飲めなくて怒って、暴れて嫌がります。

顔が真っ赤になってギャン泣きです( 一一)

さらに、空気が乾燥する季節では、鼻水が固まって鼻が詰まり、夜泣きの原因にも。

夜、突然ギャン泣きされても、ストロータイプでは、準備するまで手がありません。

赤ちゃんが可哀想ですね。

電動鼻水吸い取り器なら、直ぐに、ずずずーっと吸い取ってくれますよ。

鼻づまりは、すぐに解消してやってくださいね。

 

4.ストロータイプをうまく使うコツ

ストロータイプの鼻水吸い取り器は、

掃除機みたいに角度をつけてあちこち向かせて吸った方が、よく吸えます。

赤ちゃんは、たいがい泣くので、さっと素早く吸う必要がありますよね。

吸った後は、きれいに洗浄してあげて。

ドラッグストアなどに、水筒のストローを洗える小さなスポンジを売ってますから。

それで洗って煮沸すれば、いつまでも清潔ですよ。

 

5.ストロータイプが苦手な鼻くそ取りなら

鼻くそは、赤ちゃんの宿命。

ストロータイプで、いくら吸引しても取れません。

綿棒にベビーオイルをつけるお母さんもいますが、

綿棒が滑るのでおすすめしません。

まず、鼻の穴の外側で綿棒を奥に入れます。

内側に向けて横にスライドさせながら、鼻の穴から出してください。

それが一番安全です。

綿棒で鼻くそを奥に押し込むこともありません。

 

赤ちゃんの鼻の穴は小さく、小さいうちは鼻より耳の位置が低いので、

鼻水の菌が耳に落ちやすく、中耳炎になりやすいと言われています。

こまめに鼻水を吸ってあげてください。

 
【関連記事】
▼鼻水吸引器の基礎知識まとめはこちら

-鼻水吸引器の基礎知識

Copyright© 電動鼻水吸引器メルシーポット新型【S-503】の購入&使い方ガイド , 2019 All Rights Reserved.