メルシーポットの電動鼻水吸引器【S-503】の最安値の販売先は楽天です。

電動鼻水吸引器メルシーポット新型【S-503】の購入&使い方ガイド

鼻水吸引器の基礎知識

鼻水の子供を吸引する5つのコツ

更新日:

赤ちゃんって、一度風邪を引くと、

ずっとと言っていいほど鼻水が出ていますね。

鼻水が垂れていなくても、鼻の奥で詰まっていることも。

そんなときは、

ミルクの前に鼻水を吸引してあげると、楽になります。

子供の鼻水の吸引についてのコツをまとめました。

1.電動鼻水吸引器を買うコツ

一番人気で有名なのは、メルシーポットだと思います。

メルシーポット

子供にも使いますが、大人でも使えますよ。

鼻詰まりなら、奥の方までどんどんとれます。

吸引だけなら、家庭用の電動鼻水吸引器を早く買った方が良いです。

毎日通院するの大変だし。

鼻水だからとほっとくと、中耳炎になったりします。

1万円位で十分な機能ですし、

ネットで色々あるので調べてみてください。

詰まってるなと思ったらすぐできますし、スッキリしますよ。

吸う時泣いて暴れる子も、

鼻が通ればしれっと泣き止みます。

 

2.ハンディタイプの鼻水吸引器と付き合うコツ

電池式の電動吸引器です。

電池式の電動吸引器

値段は5000円程で、お求め易いですね。

スティックタイプで、電動歯ブラシより少し大きい程度の大きさなので、

持ち運びもできるところがメリット。

ただし、

吸引力が弱く、ぜんっっぜん吸えませんでした…。

音も、ウィーーン!!とするので、

うちの子供は、この世の終わりのように泣き嫌がります。

大暴れです^_^;

据え置きタイプの方が、吸引力が良いと思いますよ~。

鼻の穴の大きさが大きくなってくると、鼻吸いもしやすくなるので、

気長に付き合っていく心づもりでいた方がいいかと思います。

 

3.ティッシュを鼻水の子供にうまく利用するコツ

自分では、鼻を上手くかめない子供に、ティッシュを使うコツがあります。

ティッシュ

ティッシュに水分を含ませ、

子供が遊んで夢中になっている時などに、横からトントンっと瞬時に拭いてしまえばOK 。

子供がティッシュ慣れてきたら、

垂れている鼻水に、ティッシュの片隅をつけて、鼻水を巻き取るように拭うと、

鼻水が面白いようにとれます。

自分で鼻をかめる年齢になったら、

まず、ティッシュを鼻の下にもっていき、

鼻息で飛ばしてみせます。

子供ができるようになったら、

片方の鼻をおさえてあげ、

同じようには鼻息でティッシュを飛ばします。

ここまでできれば、

鼻がかめるはず。

実際にかませてみましょう!

そうすれば、ママの手間いらずデス(^^♪

 

4.ヴェポラップを小さい子に使うコツ

ヴィックスヴェポラッブ

ヴェポラップの使用説明書には、

ティースプーン一杯とか書いてありますが、小さい子には多すぎ。

匂いがキツし、ほんのすこーし胸に塗るだけで十分!

 

5.口の中の痰も吸引するコツ

病院の外来では、細いチューブ鼻水吸引してもらえますね。

家庭用の電動鼻水吸引器でも、割ととれますよ^_^

鼻水だけでなく、

痰がからんで、ゼコゼコしてかわいそうな時も。

そんなときは、我が家では口の中の痰も吸引しちゃってます。

鼻水は細菌の塊なので、

喉を通れば炎症起こして咽頭炎となり、痰もからみます。

こまめに鼻吸引してあげると、風邪も悪化しにくいのです。

逆に、小まめにしないと、中耳炎にもなりやすいから注意してあげてくださいね。

ちなみに、

基本的に、小児科は薬対応しかしないです。

耳鼻科は鼻水の吸引と薬対応です。

鼻水吸引も、あくまで一時的なものです。

 
 
鼻水詰まってると、夜もなかなか寝てくれず、

親も辛いですよね。

早くよくなるといいですね。
 
【関連記事】
▼鼻水吸引器の基礎知識まとめはこちら

-鼻水吸引器の基礎知識

Copyright© 電動鼻水吸引器メルシーポット新型【S-503】の購入&使い方ガイド , 2019 All Rights Reserved.